田中 寧香

2008年4月新卒入社
(エス・エム・エスとの分社化前)
コメディカルキャリアメディア企画部 / 東京

自分の成長に付き合ってくれる会社。機会を力に。

入社から現在までのキャリアステップ

キャリアパートナー(薬剤師)担当(一年)
→ リスティング広告運用担当(半年)
→ キャリアパートナー(看護師)担当(一年半)
→ 営業推進担当(五年)
→ ナース専科パートナーズ担当(三年目)※現在
→ コメディカルメディア企画部 ※現在

エス・エム・エスキャリア(エス・エム・エス)を選んだ理由を教えてください。

会社の成長が見えたことと、社員の方々から感じた情熱と誠実さが決め手です。

私は、大人数の中の一人になってしまうより、少数精鋭の中で自分を高めたいという考えでした。そのため、大手よりもベンチャーの中から応募したい会社を探し、エス・エム・エスキャリア(入社当時はエス・エム・エス)に出会ったのがきっかけです。

エス・エム・エスの事業領域である医療・介護にまつわる課題を知るにつれて、「市場規模」と「できること」の多さを実感し、会社の成長と共に自分の成長機会も多く得られそうだと思いました。
また、面談や面接で会う人会う人、本当に頭が切れるし、情熱的でした。なにより、いち学生に対しても取りつくろうことなく、嘘をつかず本音で話してくれていると感じたことが大きく、入社を決めました。

職種変更や役割拡張はご自身の希望ですか?
背景を教えてください。

希望のケースと、それまで視野になかった分野で、会社からチャンスをいただけたケースの両方ですね。たとえばリスティング広告運用担当への異動はチャンスをいただけたケースですし、長く担当していた営業推進は、希望させていただいたケースです。

営業推進への異動希望を出すことになったのは、キャリアパートナーとして働いている中で、お客様のサポートはもちろん、仲間のサポートをする仕事に興味を持ったことがきっかけです。実体験として、「これがこうだったら、もっとよくなるのではないか」という意見を、どこにぶつけていいかわからないことが多くありました。「それならば、私がそのような情報の受け皿になって改善策を形にしていきたい」「困ったら田中さんに聞こう、とみんなに思ってもらえるような仕事をしたい」という思いが生まれてきたんです。

それから5年間の営業推進業務を経て、やはり事業の成長にもう一度直接貢献したいと思うようになりました。そこで、これまで営業推進業務で培った経験も生かしながら、直接サービスに携われる部署への異動を希望したところ、営業推進での仕事ぶりを少なからず認めていただいたのもあると思うのですが、ナース専科コミュニティへの異動が叶いました。

今後、成し遂げたい夢や理想を教えてください。

今は、いい意味であまり先のことは考えすぎず、目の前のやるべきことを着実にやっていこうと思っています。

今、関わらせていただいているサービスはまだ発展途上ですが、一定のところまで行き着いたら、当然できることは広がって、そこからまた面白いと思える選択肢がたくさん出てくると思っています。

また、やりたいことに取り組める機会をいただけたときに、きちんと結果を出せるようなベーススキルをつけておきたいです。

最後に、学生の皆さんへ、ひとことお願いします。

会社選びは、結局は「人」だなと思っています。

「自分と合うな」「この人たちと一緒に仕事がしたいな」「この人たちのためにがんばりたいな」。そう思える社員の方々をたくさん見つけることが、会社を選ぶ上で、また、会社で長く働く上で一番大切なポイントになるのではないでしょうか。

たとえば、会社を選ぶ軸として、安定している、お給料がいい、労働時間がフレキシブル、ブランド力があるなど、いろいろあると思いますが、それらを作っているのも、その会社で働いている「人」ですし、「人」が作ったものが、会社の「風土」として定着していくのだと思います。

働いている社員の方々を見たり、話してみたりした時に、「自分に合うな」と思えたら、ぜひその感覚を大切にしていただきたいです。

このたびは、エス・エム・エスキャリアに興味をお持ちいただき、ありがとうございます。

百聞は一見にしかず。是非その目で確かめにきてください。お会いできることを楽しみにしております。

PAGE TOP