大西 弘則

2007年4月新卒入社
ナース人材バンク/京都事業所長

正しい道を選はずに、自分で正しい道に変えていく。

エス・エム・エスキャリア(エス・エム・エス)を選んだ理由を教えてください。

私は「人×ベンチャー」という軸で就活を進め、何をするかよりも誰とするかを大切にしていました。学生時代には居酒屋・カラオケ・塾講師・すし屋・京都祇園の料亭など、色々とアルバイトを経験しましたが、働いても楽しいバイト先と楽しくないバイト先がありました。その経験を振り返った時「誰と仕事するかで仕事の楽しさが違う…」と感じたため、「人」を大切にしていました。また、私は外大出身で留学経験もあり、何となく「英語を活かした仕事をしたいなぁ」と思っていたため、大手商社の選考も受けていました。しかし就職活動を進める中で「年功序列の組織では働きたくない」「イキイキ生きたい」「仕事を楽しんでいる人達と一緒に仕事がしたい」という気持ちがより強くなっていったんですね。その観点で考えをまとめていくと、エス・エム・エス(当時)は選考で出会う社員全員がイキイキしていて、社員全員が自社を好きな気持ちが伝わってきたのを思い出し、正直エス・エム・エス(当時)の事業内容もよく知らずに「ここだ!」と選びました。

これまでのキャリア(経験職種や役割)について、順を追って教えてください。

入社12年目までは、介護職・看護師専門の求人広告の営業を行っていました。その中でもメイン商材は、介護職・看護師専門の転職フェアでした。当時は、新卒看護師を対象とした就職説明会は他社でも開催されていましたが、中途看護師を対象とした転職フェアは業界内に浸透していない新しいコンセプトのサービスだったため、新しい採用方法を病院様・介護事業所様に提案していく仕事はやりがいがありました。その後は、看護師の方々の転職をサポートする人材紹介の部門に異動し、京都・神戸・大阪を担当。現在はまた京都を担当し、京都事業所の所長をしています。担当エリアが変わるだけでなく、メンバー・リーダー・グループ長(所長)と、役割が変更していき、やりがいと責任が年々大きくなっていっています。

職種変更や役割拡張はご自身の希望ですか? 背景を教えてください。

自分で希望した職種変更は1度だけです。入社4年目の時に家族の事情があり、当時は東京に住んでいましたが、関西に戻るために異動希望を申し出ました。それ以外は、目の前の仕事を精一杯し、成果を上げ続けることを会社に評価していただいたことから、担当エリアや役割が変わっていきました。同じ担当エリアで同じ役割の仕事を2年以上した経験がなく、常にやりがいのあるチャレンジングな役割を与えていただいています。ひとつのレールではなく様々なキャリアパスがあること、またそのチャンスを与えていただけることも、エス・エム・エス キャリアの魅力のひとつだと思います。

現在の仕事におけるモチベーションは何ですか?

お客様からの「ありがとう」という感謝の声です。希望通りの転職ができた看護師の方々からの「ありがとう」だけでなく、欲しい人材が採用できた事業所様からも「ありがとう」というお声をいただきます。こうしたお客様からの感謝の声が、仕事をしていく上で非常に励みになりますし、モチベーションに繋がります。私が尊敬している元プロ野球監督の野村克也さんの言葉で「アマは自分が喜ぶ。プロは人が喜ぶ。」という名言があります。お客様に喜んでもらってなんぼ、と思っていますので、今後もお客様に感謝される仕事を続けていきます。

最後に、学生の皆さんへ、ひとことお願いします。

尊敬する上司に言われた心に刺さっている言葉があります。それは「正しい道を選ぶことは出来ない。でも選んだ道を正しい道にする事は出来る」です。就職活動に不安は付き物だと思います。「この会社に入って大丈夫なのかな…」と思うはずです。でも、自分の直感を信じて「ここだ!」と思える会社に飛び込んでください。もしそのような会社にまだ出会えていないなら、是非当社に来て、当社の社員に会ってみてください。きっと「ここだ!」と思えるはずです。正しい道を選ぼうとせず、まず道を選び、その道を正しい道にしていってください。

このたびは、エス・エム・エスキャリアに興味をお持ちいただき、ありがとうございます。

現在、「会社説明会への参加」、「インターンシップへの参加」、
「採用担当との個別面談」へのご案内が可能です。

百聞は一見にしかず。是非その目で確かめにきてください。お会いできることを楽しみにしております。

PAGE TOP