宮澤 隆平

2018年4月新卒入社
横浜国立大学 経済学部 出身
介護キャリア事業推進部 / 東京

「行動し続けること」で得られた成長

成長市場で自分の「市場価値」を高められる環境を求めて

エス・エム・エスキャリアを選んだ理由を教えてください。

大学で金融について学んでいたため、初めは金融業界を志望していました。ただ、業界理解を深めるうちに、業界風土が自分の性格と合わないと感じるようになりました。これでは楽しんで働くことができないだろうなと思い、他の業界にも目を向けるようなったのですが、中でも、将来性の観点から人材業界を志望しました。機械化やIT化が進んで産業構造が変化しても、人を扱うサービス自体はなくならないと思ったんです。また、人材業界の場合、扱う商材が「人」であるため、コミュニケーション能力等のソーシャルスキルが磨けると思ったのも大きかったです。

人材業界の中でも「ベンチャー気質がありつつも、成長市場の医療・介護業界でトップシェアを誇っていること」、「変化しながらレベルの高い社員と切磋琢磨できること」という2点からエス・エム・エスキャリアを選びました。ソーシャルスキルという観点から、両面型(※)の人材紹介をしているエス・エム・エスキャリアは、BtoBとBtoCの両方を学べるため、成長の幅が大きいと感じたことも動機となりました。

※両面型…1人のキャリアパートナー(キャリアアドバイザー)が求職者さま、事業所さまの両方とやり取りをする営業スタイル。

「借りモノの言葉」から「自分の言葉」へ

就活の際に悩んだことと、それを乗り越えたエピソードについて教えてください。

「自分が何をしたいのか、どうなりたいのか」を固めることに時間がかかりました。エス・エム・エスキャリアの選考でも、「考えが整理できていない」というアドバイスを受けました。

そこで、「自分は何をしていたら一番楽しく生き生きと働けるか」というところから逆算して、自分の考えを整理し直し、アウトプットをたくさんしました。そうすることで、他人の言葉を借りていた状態から、自分の言葉で説明できるようになったかな、と思います。ちなみにアウトプットをたくさんしろ、というのもエス・エム・エスキャリアの選考の中でのアドバイスです(笑)。

立ちはだかった「論理と感情のバランス」という壁

-1年目に壁を感じたことと、その壁に対してご自身が取った行動を教えてください。

キャリアパートナーとして配属されて間もない頃、お客さまとうまく信頼関係が作れなくて苦労しました。「宮澤さんは感情がない」みたいなお言葉をいただくこともあったりして…。そこで私が取った行動は、上司や先輩の一日のスケジュールから口調まで徹底的に真似をすることでした。

そうしているうちに、うまくいかなかったのは「論理と感情のバランス」が良くなかったからだ、と気づきました。私は感情を出すのがうまくはないので、多分お客さまには、すごく論理だけが先走っているように聞こえていたんですよね。そこで、お客さまのことを真剣に考えていると感情的に伝え、その後で論理的に改善策を提案することで大きな信頼を得られるようになりました。

この経験は自分の中で一生の財産になると感じています。

立ち止まらずに「パクりながら」考えることでつかんだ成長

「成長」という観点において意識していることがあれば教えてください。

自分の課題が認識できたら、それに対して仮説を立ててひたすら行動を重ねること。これが一番大事だと思っています。

具体的には、先ほども申し上げましたが、あまり考えすぎずに先輩の真似をして、やり方をマスターしたら自分の色を加えたりして、自分に合った方法を見つけていく感じです。

やり方やアドバイスに疑問を抱いて止まってしまう人もいるかもしれませんが、私は「考え込んで動けない=自分の成長が止まる」と思っているので、まずは行動、ということを大切にしています。

結果を出してチャンスをつかみ、そして挫折することで成長し続けたい

今後成し遂げたい夢や理想を教えてください。

20代は組織や役割の変化を楽しみながら、求められるものが変わったとしても活躍できるような、ポータブルなスキルを高めていきたいです。

そのスキルをフルに使って自分にしか出来ないことの範囲を広げていく過程で、興味を持つ分野が出てくると思っています。そこでさらに専門的な力をつけていきたいです。

あとは大きな挫折を味わいたいですね(笑)。挫折や変化が一番の成長の種だと思っているので。

今はチームリーダーとして、人と向き合うという比較的定性的な部分の多い業務をしていますが、今後は定量的に施策を考えたりする業務もしてみたいです。そして、そこで大きな挫折を味わえればいいなと思っています。

私が新卒2年目でチームリーダーをさせてもらっているように、エス・エム・エスキャリアは、結果を出していけば、どんどんチャンスをもらえる組織です。任された役割以上に成果を出し、変化を楽しみながらスキル・人間性においても貪欲に成長していきたいです。

就職活動に悔いを残さないためには、自分の可能性を捨てないこと

最後に、就職活動中の学生の皆さんへ一言お願いします。

自分の可能性を捨てないことが、悔いのない就職活動のための第一歩だと思います。私は当初考えていた業界と別の業界にご縁をいただきましたが、それも、可能性を狭めなかった結果だったと思っています。

新卒での就職活動は一生に一度しかない機会なので、自分が大切にしている軸をちゃんと見つめて、たくさんの会社を見て、比較検討することが今後の経験にも生きると思います。

PAGE TOP