前田 新

2016年4月新卒入社
横浜国立大学 経営学部 経営学科 出身
ナースキャリアメディア企画部 / 東京

一緒に働く人は選べない。だからこその、人。

エス・エム・エスキャリアを選んだ理由を教えてください。

決め手は「人」です。ご紹介いただいたエージェントからも、当初から一番おすすめですと伺っていました。

就職活動を開始した頃は自分の中で会社の選択軸が定まっておらず、まず様々な会社の選考を受けました。その中ではじめに明確な差を感じたのが、「人」だったんです。面接をしていただくと、面接官の方の自社に対する理解度や、面接中に学生への敬意を持っていただけているか等、「人」としての差が明確に見えてきました。

その中で、エス・エム・エスキャリアは自社の説明をしてくださった方が、自社のことをすごく好きなのが伝わってきたことと、どなたとお話しても「この方と働きたい」と思えたところが、他社と全然違っていたんです。みなさん「大変だよ」とはおっしゃるんですが、それがまったく苦痛じゃなく、楽しそうなんですよね。自分の仕事が好きで、やりがいを持って向き合っていることが全面に伝わってくるんです。自分の会社に対して自信を持って「大変!でも好き!」と対外的に伝えられることって素敵なことだなと惹かれました。

会社での役割や職種、実際の仕事の内容は、自分の意思次第で会社に入ったあとでもある程度選択肢が作れますよね。ただ、一緒に働く「人」って選べないじゃないですか。それを考えたときに、惹かれる「人」がたくさんいらっしゃることはそれだけで財産だと感じたため、入社を決めました。

学生から社会人へというステップを経て、印象に残っているエピソードを教えてください。

辛いことがたくさんありました(笑)。

まず、学生の時とは違い、みなさん考え方の次元が違うなと感じました。果たすべき責任や、そもそもの社会人としての心構え、そして自分の意思を持つことなど、社会人として求められるものに対して、気持ちの切り替えがうまくいかず大変でした。そんな私にも周りの方々がイチからレクチャーしてくださり、個別でもチーム単位でも、きちんと時間を割いて教えてくださったことにとても感謝しています。

だからこそ、私にかけてくださった時間を私の努力で返したい。早く私が引っ張っていけるようになるんだという思いを強く持つようになりました。

キャリアパートナーからWebマーケターへの職種変更は、ご自身の希望ですか? 背景を教えてください。

上司・先輩からお声掛けいただいたことがきっかけです。そもそも私はキャリアパートナーを希望して入社しましたので、「キャリアパートナーの次はWebマーケターになりたい」と決めていたわけではありませんでした。他の職種も詳しく知らなかったときに、キャリアパートナーからWebマーケターに職種変更された先輩社員の方にお話を伺う機会があったんです。そこではじめて他職種への興味が出てきました。

Webマーケターはいわゆる転職を視野に入れた求職者様の集客を主なミッションとしていますが、その集客した先にはキャリアパートナーがいます。どのような求職者様をキャリアパートナーに繋げるか次第で、マッチングの質が変わってくる。それはサービス提供の質に直結するなと感じ、キャリアパートナーとはまた違う介在価値を生めるかもしれないと思ったため、チャレンジさせていただくことになりました。

現在の仕事におけるモチベーションは何ですか?

自分でやるべきこと、到達すべき目標を決める楽しさです。

現在所属しているナースメディア企画部は、個人目標を自分で決めます。自分で決めて自分で宣言し、決めたからには必ず達成するために突っ走る。その「宣言した以上やるしかない」という状況が、一番のモチベーションになっています。もともと会社からいただく役割をまっとうするのは最低限の前提だと思っていますので、そこに乗っけるプラスアルファの付加価値をどれだけ出していけるか。そこにこだわって仕事していきたいと考えています。

最後に、学生の皆さんへ、ひとことお願いします。

会社選びでは、絶対に妥協しないでください。

「この会社でもいいかもな」ではなくて、「この会社に入りたい」と明確に自分が思えるところまで、突き詰めて就職活動をしてください。

新卒で選ぶ一社目は、本当に大事だったなと思います。私の場合は特に「人」に惹かれてエス・エム・エスキャリアに入社し、キャリアパートナー→Webマーケターと経験させていただきました。このキャリアチェンジもエス・エム・エスキャリアの社員の方が私の強みを見出してくださったから拓けた道ですし、他社に行っていたら私の強み等は関係なくずっと営業職だったかもしれない……。

だからこそ、自分が会社選びで譲れない軸は何なのかをきちんと考え抜き、その軸に沿う形で就職活動をやり遂げていただきたいと思います。がんばってくださいね!

このたびは、エス・エム・エスキャリアに興味をお持ちいただき、ありがとうございます。

百聞は一見にしかず。是非その目で確かめにきてください。お会いできることを楽しみにしております。

PAGE TOP